ソフトバンクホワイトプラン300万件突破

ソフトバンクはホワイトプランの申込み件数が300万件を突破したと発表。(2007年3月31日)

「ホワイトプラン」とは、月額980円でソフトバンク携帯同士の通話が午前1時〜午後9時の間は無料がウリのソフトバンク携帯のプランで、ホワイトプランに入っていれば、ソフトバンク携帯を使っている人に時間帯内ならばいくらかけても月額980の定額料金のみって事。
メール送受信はソフトバンク同士なら1日中無料。
他社携帯からのメールは128文字以内で無料だという。
ソフトバンクホワイトプラン公式説明ページ

まあ、良い事ずくめのプランに見えるが、使ってみると案外自分に合わなかったりもする。
ドコモやAUに変更したくなったり。
「ハッピーボーナス」「年間割引」などの1年もしくは2年単位で契約している人はホワイトプランに変更後、「6ヵ月契約」をすべきだ。
そうする事で、他のプランの中途での乗換の解約金発生を防げる。
携帯を解約したい場合、6ヶ月契約に加入後解約で5250円の解約金ですむ。
先日、友達がホワイトプランでの解約するのに1万円以上かかると言われて、6ヶ月契約に加入しすぐ解約したと言っていた。

また、0円携帯が魅力的なソフトバンクだが、月額980円だけで携帯を使いたい人は、新スーパーボーナス(携帯電話の割賦払いのこと)で980円より安いものを選ぶことが重要かと。

いずれにしても、ソフトバンク携帯は、途中解約さえしなければ、かなりのお得といえる。
紛失とか故障とかの場合に備えての「スーパー安心パック」(月額498.75円に必ず入ることを勧める。


ソフトバンク携帯・苦情殺到

ソフトバンク携帯のホワイトプラン、かなり関心が高まっているようですな。
2ちゃんねるでもソフトバンク携帯のホワイトプランについて、面白いスレットがいくつもたっていますが・・・

2007/01/30 の神戸新聞ニュースによると、「全機種0円」などの表示を見てクレジット契約をした消費者から
「解約を申し込んだら多額の携帯電話機代を要求された」とする苦情が、兵庫県神戸生活創造センターに相次いでいるという。

なんだかなー。

ソフトバンク 携帯の「新スーパーボーナス特別割引きプラン」というプランの苦情が相次いでいるんだってさ。
どうやら、ローンと割引制度を組み合わせたプランで、「全機種0円」を売りにしている。
ソフトバンクの携帯電話代を二十四回の分割払いにする為、解約の際に多額の電話機代を請求されたかたち。

こりゃ、ちょっと酷いな。

ソフトバンク ホワイト プランも、安いという文句につられるが、どうしても「裏があるんじゃ?」と思ってしまうのは僕だけじゃないんだな。

ソフトバンク ホワイト プラン980円/月

ソフトバンク 携帯 ホワイトプランってどうよ?

ホワイトプラン詳細って・・・
通話料は1〜21時までのソフトバンク携帯同士が無料、その他の時間、他社宛は30秒21円となる。
メールは時間を問わずソフトバンク携帯宛が無料、その他は3.15〜210円。
パケ代は 0.21円/1パケットだが、パケット放題に加入すれば0.084円/1パケット(1/2.5)になります。
パケット放題は、最低1029円から、最大4410円までがある。
新スーパーボーナスと併用が可能だそうな。

どうも、夜9時から1時までにソフトバンク携帯同士で通話しまくる人以外はホワイトプランの方がいいらしい。

2007年3月スタートの「Wホワイト」は、980円の基本料追加(1960円)で、ドコモやau の1万円前後のプラン並みの60秒21円と携帯を多用するユーザーのメリットが大きいプランになる。
すごいな・・・
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070109-00000006-inet-inet
Yahoo!ニュース - japan.internet.com - ソフトバンク、基本使用料980円/月の「ホワイトプラン」1月16日開始
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。